遺品整理業者の見分け方①

遺品整理は遺族の方が自身で行うこともありますが、遠方に住んでいたり、仕事などの都合でまとまった時間が作れない場合、遺品整理の専門業者に依頼するケースもあります。

どんな業種にも共通することではありますが、遺品整理業自体がまだまだ歴史の浅い業種であることから、悪徳業者によるトラブルも見受けられるようです。

ここでは、悪徳業者に遭わないための、遺品整理業者の見分け方について解説していきます。

ホームページに注意

知人などに依頼する場合はともかく、そうでない場合は、インターネットの検索から遺品整理業者のホームページを確認しながら、依頼する業者を絞り込んでいくと思われます。

とはいえどこのホームページも、キレイに見やすく作られていることがほとんどのため、中には心理学を利用した色使いやデザインの力で、電話やメールでの連絡を誘導するやり方もあるようです。

料金表に注意

遺品整理業者の料金表は、基本的に「最低金額」が記載されています。実際には、現場の状況や作業のしやすさなどで、料金が変動します。そのため、料金表の料金設定だけで選ぶのはリスクの高いやり方と言えるでしょう。

遺品整理の資格について

遺品整理の業者を選ぶ目安として、遺品整理士という資格があります。ただしこの資格は民間資格であるため、法的な拘束力はありません。そのため遺品整理士としての資格の有無は、遺品整理業を営むためにはあまり関係ありません。

遺品整理に関する資格であれば、買取に必要な「古物商許可証」や「一般廃棄物収集許可証」の方が重要度が高いかもしれません。